スポンサードリンク

2009年12月05日

後期医療 保険制度 保険料


東京や大阪といった大都市や周辺の都道府県が高額保険料の上位にランク
されているのは仕方のないことかもしれません。

保険料が年金から天引きされるなど年金で生活していた
高齢者にとっては死活問題ともなりました。

後期医療の保険料を払うことと病院を受診することを天秤にかける
ケースが発生するからです。

厚生労働省の発表によると後期医療の保険料が最も高い県は神奈川県で、
最も低い県は秋田県です。

格差は2.3倍もあり金額にすると5万円以上の開きがあるのです。
高齢者が増えると医療費が増大していって国の財政を圧迫しているため
補うために始まった制度です。

後期医療の名称がふさわしくないとか保険料が高すぎるといった批判も相次ぎました。
保険制度としての保険料が問題ですが自己負担割合を増やすか全体からの徴収額を
増やすかで難しい問題ではありますね。


posted by hfkyuuy at 23:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。