スポンサードリンク

2009年12月05日

後期医療 社会保険庁

後期医療という大きな社会問題を本当に解決する糸口は
まだ模索の段階でしかないといえるのではないでしょうか。

後期医療の保険料は収入や税金高齢者に達していない人たちの
負担金によって各都道府県ごとに設定されています。

高齢者にとっての負担はかなりのものと言えますね。後期医療は
2008年4月に老人保健に代わるものとして始まりました。

支払ってきた保険料はどうなるのかといった不安や疑問もある中で
政府の施策に議論が起こりそうです。

今後も増加していく75歳以上の高齢者にかかる医療費や年金問題は
解決をみることは難しいでしょう。

社会保険庁の運用によっても変ってくる部分はありますよね。それでも
経済が回復しない限りは難しい部分はあるのかなとは思います。


posted by hfkyuuy at 23:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。